エポスゴールドカードってすごいの?

ポイントが永久的に消滅しないエポスゴールドカード

エポスゴールドカード、年会費は5000円。年間50万円以上の利用があれば年会費は無料になります。
また、元々エポスカード会員から、ゴールドカードへの切り替えをご提案された場合は、年会費永年無料となっています。
羨ましい限りです。いろんな特典を無料で手に入れられるなんて、お徳の何物でもないですよね。
その考えがすでに私が、貧乏くささなのかもしれません。
さて、エポスカードでもかなりポイントを上手に貯めることはできました。
しかし、さすがのゴールドカードです。やっぱり違います。
エポスポイントは2年で消滅しちゃいますが、ゴールドカードでのポイントは永久に不滅なんです。
また、利用金額に応じてボーナスポイントがつきます。年間50万円以上で2500ポイント、100万円以上で10000ポイントつきます。
また、ゴールドカード申し込み翌月から3か月間、月10回以上ゴールドカード利用で、毎月200ポイント。
3か月連続だと最大600ポイント。ドンドン貯まります。
通常のポイントは、変わりないと思います。しかし、選べるポイントアップショップというサービスがあるんです。
対象ショップの中から、よく利用するショップを最大3件エポスネットで登録しておくと、エポスゴールドカードの利用時にポイントが最大3倍になるんです。
300以上の色々なショップから選べます。人気ベスト5を見てみると、次のようになっています。

第一位、東京電力 第二位、ユニクロ 第三位、東京ガス 第四位、JR東日本 第五位、イオン

こんな順位なんです。基本的に毎月定期的に支払いが発生する堅実な物ばかり。確かにユニクロは違いますが、公共料金、交通機関、
生活必需品こんなところでしょうか。確実にポイントがドンドン貯まるわけです。
この登録ショップは一度登録すると3か月間は変更できません。変更される場合は3か月後の変更手続きを行ってください。
このように、ポイントが貯まりやすくなっているんです。でも、それ以上に使う金額も大きいと考えられますので、ポイントは見る見るうちに貯まっていくはずです。
それが永久不滅となれば、気がつけば、思いもよらないポイントになっているかもしれません。
一度、こっそり覗いてみたいものです。

海外旅行最適のエポスゴールドカード

エポスカードでも海外旅行傷害保険が付帯されています。本当に便利ですよね。申請なく何度でも利用可能です。
しかし、エポスゴールドカードは、さらに、補償内容がグレードアップしてあるんです。
内容的には、障害死亡、後遺障害の場合、最高1000万円まで(ちなみにエポスカードは500万円)、障害治療費用1事故限度、疾病治療費用1疾病限度で
それぞれ300万円まで(ちなみにエポスカードは270万円)。
このほかは、エポスカードと同じく 責任賠償保険(免責なし)1事故限度2000万円、救援者費用1旅行保険期間中の限度100万円、
携行品損害(免責3000円)1旅行保険期間中の限度額20万円1旅行保険期間中の限度。となっています。
海外では、救急車を呼ぶだけでかなり高い費用がかかります。一度医療機関にかかると、かなりの負担が発生いたします。
必ず、海外保険傷害保険は確認しておきましょう。
また、その現地での医療代金もクレジットカードで支払いをしておくと証明にもなり、カード会社を通じて返金作業される可能性もあります。
海外旅行に関して他にも、エポスゴールドカードには特典があります。
空港ラウンジの使用ができます。ご本人が対象なので、お連れの方は別途料金が発生します。もちろん、その方もエポスゴールド会員なら話は別ですが。
旅行の際、飛行機を利用するととても便利で快適なんですが、待ち時間が長いんです。この時間が、手持無沙汰なんです。
うろうろ買い物すると旅行前に疲れてしまいます。そこで、旅行前はゆっくりしたいという方には特におすすめです。
空港ラウンジでエポスゴールドカードと当日の飛行機のチケットを提示することで利用できます。
飛行機までの時間を是非空港ラウンジでくつろいでみてはいかがですか。また、飛行機は遅れたりすることも度々あります。そういうときには、本当に助かります。
その他には、Visaゴールド国際線クロック、これは国際線を利用されるときに手荷物を優待価格で預かってもらうサービスです。
また、自宅からの荷物宅配を優待価格でというものもあります。
出張などには海外モバイルWi-Fiルーターを海外のモバイル通信料20%OFFなんていうのもありますよ。役に立ちそうですよね。
でもやはり、安心のゴールドカードということでは、海外でのカード紛失時の緊急カードの発行無料。
世界中のどこでも24時間体制年中無休。コレクトコールで世界のどこからでもご利用いただけます。
やはり、ゴールドカードと言えば、今はステイタスの為だけではありません。
いかにおいしいサービスを使えて、世界でも安心できるかということが重要になっているんだと思います。
でも、少しリッチになった気持ちになれるのも、ゴールドカードの魅力かもしれません。