日本生まれの唯一の国際ブランドであるJCB。年会費はキャンペーン中は、初年度無料となっていますが、次年度からは10000円(税別)となります。
家族カードは1枚まで無料で作ることが出来ます。ポイント還元もなかなか魅力のある高還元率となっています。還元率は0.5~2.8%とかなりお得なポイントです。
有効期限は24か月。しかし、マイレージ交換には、あまり魅力は感じません。しかし、海外利用だとポイント2倍、オリックスレンタカーでは6倍、セブンイレブンでは3倍と
こちらは魅力的です。また、OkiDokiランドを利用してショッピングすると最大な・な・なんと20倍というから驚きです。
ゴールド会員専用デスクでは、JCBゴールド・グルメ優待サービスがあります。全国の対象店舗で事前予約などしたうえで、このカードを使い支払いすれば20%OFFになるのです。
もちろんすべての店舗が同じ割引とは限りませんが。予約の際に確認してください。
他にもゴルフサービスとして、全国1200か所のゴルフ場でのゴルフコンペなどの手配や優待サービス案内があります。「THE GOLD」というゴルフ情報誌をお届けしている
ようです。海外旅行傷害保険最高1億円、国内では最高5000万円、個別に追加加入する必要もありません。ショッピング保険では、このカードでの購入された物品の破損や盗難
などの損害を年間500万円まで補償してくれます。国内・海外の航空機遅延保険もあり、出航遅延等により発生した出費を補償する保険も付帯されています。
JCBならではと言えば、忘れてはいけません。国内空港ラウンジも年中無休で利用でき、そんな中でも、ハワイ、ホノルルでの空港ラウンジは有名なところかもしれません。
なんて言ってもJCBと言えばハワイ、ハワイと言えばJCBですから。
こんなサービスの他にも、JCBカードには、一定の金額以上利用があれば、スペシャルサービスがあります。このサービスをJCBスターメンバーシップサービスと言います。
特に登録などもいりません。利用金額に応じて、ランク付けされて、還元率がかなりUPします。また、キャンペーンチャンスアップの当選率が上がります。
このキャンペーンチャンスアップとは、JCBが行う、キャンペーンの際に抽選の当選率が上がるというものです。
また、JCBゴールドカードは、非常に審査も厳しいと予想されます。その為、年齢的にまだゴールドが、早いと思われる20歳代の新規加入希望の方は、JCB GOLD EXTAGEカードが
あります。違いは、まず年会費です。初年度無料、次年度から3000円(税別)家族会員一名無料、2人目から1000円(税別)となっています。あと保険内容が少し異なります。
海外・国内旅行傷害保険は、ともに最高が5000万円です。ショッピング保険は年間200万円までとなっています。
あと最後に、このカードの新規加入から5年後の初めてのカード更新時に、改めて審査を行い、そこで初めてJCBゴールドカードへの加入が認められるのです。
それほどまでに厳しい審査と言うことは、それだけ信用があるカードと言うこと、JCBの誇り、プライドがあるカードと言えます。
アメックスやダイナースに比べて、スティタスは少し劣りますが、審査に関しては、引けを取らず、厳選されたお客様を重視しているカードのようです。
日本初の世界に誇れる国際カードともいえます。
また、このゴールドカードの中でも選りすぐりの会員の方は、ゴールドカードから一段階グレードアップしたカードになります。そのカードとは「JCBゴールド ザ・プレミア」と
言います。あくまでも一年に一度の加入審査の時期が設定されています。毎年2月にJCB側からの案内があります。その選ばれた方のみに許されたカードと言えます。
一定の条件をクリアした方だけにメールにて案内されます。海外での空港ラウンジ900か所での無料利用が可能になります。
あのVIPなプライオリティ・パスにも申し込みが出来ます。また、国内で厳選されたホテル・旅館への優待サービスも特別に受けることが出来ます。レストランなどもあります。
OkiDokiでのポイントもより一層大きな還元になるようです。年会費は初年度無料で、通常は5000円(税別)です。前年利用金額が100万円以上の方は、年会費が無料となります。
是非、こちらの選ばれたゴールド会員になる為に、JCBゴールドカードを持ってみてはいかがでしょうか。そして毎年2月の案内を心待ちしてみるという楽しみ方もありかもしれません。
そして、案内が来たときは、メールを見ながら”にんまり”ガッツポーズを小さくしてみてください。これも、小さな幸せの一つですから。