クレジットカードおすすめおすすめダイナースクラブカード

世界で最初のクレジットカード、それがこのダイナースクラブカードというわけです。
年会費は22000円(税別)家族会員は5000円(税別)となっています。
キャンペーン時には年会費は変わりませんが、ポイントがかなりつくこともあるようです。
100円=1P=1マイル、還元率1.00% ANA、DELTA SKYMILES、UNITED、KOREAN AIR(2016年2月時点)ダイナースグローバルマイレージ参加航空会社のマイルに
移行できます。
マイレージ移行には、別途ダイナースグローバルマイレージ(年間参加料、税別6000円)への参加が必要になります。
それ以外の通常のポイントは、無期限です。
その為たポイントは、ダイナース自信のグルメ、ワイン、家電など様々なものに交換ができます。
その他に、商品券や楽天スーパーポイントにスターバックスカードポイントなどへ移行することが出来ます。
ポイント無期限も条件なしです。
初めから無期限なところは嬉しいですよね。
このカードの入会目安年齢は、27歳とされています。
絶対では、ありませんが基準として公表されています。
そんなダイナースクラブカードは、旅行サービスに自信を持っています。
その代表格として、国内外の空港ラウンジが無料で使えます。
なんと600か所以上というから驚きです。無料という響きに、私も非常に弱いのです。
アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードにも、無料ラウンジもあります。
そのプライオリティ・パスは非常にVIPラウンジで、年会費等は無料ですが3回目以降は利用時には費用がかかります。
確かにVIP以外なら、その点においては、ダイナースクラブカードのラウンジは優れていると言っても良いのではないでしょうか。
この他にも、専用モールを経由して、ショッピングするとポイント最大20倍と言うんです。
聞き間違いではありません。
この驚きのポイントが無期限で貯めれるというんですから、
うまく活用しない手はないですよね。
また、対象のレストランで指定された特別なスペシャルコースを2名以上予約し食事をすると1名は無料になるんです。
これだけでも、かなり特典と言えるでしょう。
この対象のレストランも限定されているのかと思いきや、300件以上ものレストランがあり、東京近郊だけではありません。
このサービスだけでも、年会費の半分くらいの特典があるのではないでしょうか。
また、海外・国内ともに旅行傷害保険が付帯されています。
最高額1億円、そして、ショッピング補償も付帯されており、
500万円までの補償が付帯されています。
海外での仕事や単に旅行へよく行かれる方は、上手に使いこなせれば、大きなメリットを受取れるでしょう。
しかし、年会費は高く、VISA、MASTRE、JCBなどに比べても、加盟店が少ないため、使えない事もあります。
非常にまれではあるようですが。
あくまでも好みの問題もあります。
非常に、大きな買い物をされる方やおしゃれなレストランで食事をする方には、使い勝手が良いのかもしれません。
スティタスと言うことから言えば、十分満たされると思います。
しかし、非常に、使い勝手が良いとは、庶民には言えない部分もあるようです。
海外に行かれる際のホテルなど、
メリットを考えておつくりになれば、お洒落で優雅で快適な時間が手に入るのではないでしょうか。
マイレージに関しても、空港ラウンジにしても大きなメリットを使いこなせる方にとっては、
持つだけの価値もあると思います。