クレジットカード 還元率
ポイント還元率
ポイント還元率で人気のあるカードとは?
最近はカードも色んな会社から発行されています。
金融業界には全く関係が無かった流通業界やネット業界など様々です。
そんな様々な業界から進出してきただけあって、
非常に画期的な仕組みやサービスも多く目にするようになった気がします。
本来、頭の固い金融業界だけが牛耳っていれば、このような様々なサービスは誕生していなかったと考えられます。
あくまでも憶測にすぎませんが、正直そう思ってしまいます。
そんな中でも、今の世の中のカードで還元がないカードは、他に大きな魅力が無い限り見向きもしないでしょう。
そこで、還元率の高い人気のカードを簡単に案内します。
ちなみに還元率とは、
カードの利用した金額に応じて、戻ってくる金額(実際は現金ではないことが大半)のことを言います。
その還元率も会社によって異なっていて、
還元してくれる商品や
マイレージやギフトカードなどいろんな形になって戻ってきます。

1.楽天カード:
テレビでもおなじみ楽天カードマンの楽天カードです。
入会するだけでキャッシュバックなど、かなり特典が付いてきます。
特典が付いてくるのに年会費も永年無料なんです。
カードの種類もVISA、JCB、MASTERと3種類から選べます。
電子マネーも使用できます。
Suica、ICOCA、nanaco(JCBのみ)が使用できます。
還元ポイントは、かなりの高還元率で楽天市場、楽天ブックスでは、驚きの4.0%になるそうです。
人気も出るはずですね・・・。
通常還元率でも、1.0%文句なしです。
また、電子マネーの楽天Edyと一緒に使えば、ポイントは貯まりやすくなります。
しかし、もっと魅力的なものがありました。
楽天カードと楽天モバイルの両方でスマホ代を節約出来るんです。
もちろんポイントもドンドン貯まります。

2.Orico Card THE POINT:
還元率は、1.0~2.5%となっています。
Suica、ICOCAなども対応できます。
年会費無料で新規加入から6か月間は2.0%の還元率です。
7か月以降でも1.0%とで文句なしです。
オリコモールを活用して、楽天市場やYahooでも1.5~2.5%と高水準の還元率を誇ります。
Amazonでも2。0%とトップレベルの還元率です。
このオリコのカードはネットでのお買い物にはかなりの高評価を得ているようです。
しかし、実際この還元率なら、誰もが納得でしょう。

3.dカード:
2015年11月20日に募集を始めたばかりのカードです。
今やテレビでのコマーシャルもイメージが定着しつつあるカードで、NTTドコモのカードです。
初年度無料で、次年度から1250円(税別)が必要になるのですが、ただし、1回でも前年に利用があれば年会費無料になります。
ほぼ実質無料ということですね。
ETCカードも初年度無料の、次年度会費は前年度の利用があれば無料です。
また。ETCマイレージサービスに申し込むと、さらにご利用に応じてマイレージポイントが貯まる仕組みになっています。
他にも、ローソンやマクドナルドでの利用は請求の際に3%OFFになるんです。
しかし、ポイントも付くので、実際は5%近い還元計算になります。
ドコモユーザーであれば、携帯電話通話料に充当されたりもします。
また、「Ponta」カードにも交換可能です。
Pontaカードとは、色々な提携先の店があり、
その提携店舗で利用するとポイントが貯まるというものです。
なかなか提携先も増えて大きなチェーン店もあり、非常に使える幅が大きいカードです。ドコモユーザーだけではなく、
色んな所に使えるカードとして注目度の高いカードです。
もちろん還元率も1.0~3.0%というから文句なしのおすすめカードの1枚です。

4.View Suica:
Suicaを利用される方には、持ってこいのカードと言えます。
JCBが付いています。
定期券と一体化できるカードとなっています。
申込時にオートチャージを選択しておけば勝手にSuicaにチャージされ、入金不足も気にせず使用できます。
その為、すぐに定期券購入もできるんです。
また、定期券購入で3倍ポイントが付いたりすることもあり、大変お得です。
定期券は、金額的にも大きいことがあるので嬉しいサービスです。
しかしながら、どこで買ってもポイントが付いたりするわけでは無いので、
定期券を購入する場合は、確認してから購入してくださいね。
また、年会費も477円(税別)ですが、
キャンペーンなどを利用すれば年会費以上にポイントが付きますので時期を見計らって入会手続きしてください。
このカードの平均還元率は、0.5~1.92%です。
この還元率もまずまずですが、それ以上に自動チャージなど毎日使うものとして、
役に立つ優れものではないでしょうか。

5.イオンカードセレクト:
年会費は無料です。
VISA、JCB、MASTERカードを選べます。
買い物するとポイント還元は当たり前ですよね。
還元率は、0.5~1.0%とまずまずです。
しかし、「WAON」チャージするのもポイントが貯まります。
つまり、2重でポイントゲットすることができます。
しかし、驚くのは、まだ早いのです。
イオン銀行での預金金利が0.12%というのです。
この金利がどのくらい凄いかというと、今だいたい大手都市銀行の金利は、0.01%です。
実に12倍ということです。
これは、意外と知られていないんでは無いでしょうか。
まさしく還元されている感じが実感できます。
特に、イオンで日常的にお買い物されている方には、持ってて当然の1枚かもしれません。
毎月定期的に、お買い物が安くなる日もあり、生活の一部として十分定着できるカードとなっています。

このように5種類のカードを上げて見ました。
どのカードも人気の高いものになっています。
それぞれの目的をしっかり決めれば、
どのカードが自分に相性がいいのか、
自然にわかると思います。
今や還元してもらうのは、当たり前のこととなり企業のサービスの工夫と努力が試される時代となってきていることは間違ありません。
枚数だけを増やしても、ポイントの集約は出来ません。
あくまでも、ポイントを貯めることを楽しみに、
お得にするには、限定したカードを使用しなくては、意味がありません。
色々使えば、ポイントも分散化してしまいます。
上手に使えるように、使う側も工夫が必要になっています。